Miho Bisko
Collection

Miho donates 20 % to Plant-for-the-Planet

Miho Bisko

I am a Japanese amateur Euphonium, Trombone and Tenor Horn player and a professional brass instrument music lover ❤️

I organize and translate for international music events as I’ve been working outside Japan for years.

It’s really sad that so many people give up playing the brass instruments just because they aren’t “talented” or “skilled”, like I did before.

It took me almost 7 years to play the brass instruments again since I quit the school band, especially because I wasn’t confident.

But now, I’m back on brass instruments and I wish more and more people feel free to enjoy the musical instruments without too much pressure. Music is just too wonderful to give up!!

I’m trying to encourage people to enjoy playing the musical instruments by showing me truly in love and being very happy playing 🙂

If more and more people continue playing the musical instruments, there’ll be more people interested in musical instruments, attending concerts, and taking a lesson from the professional. So it’ll lead more job opportunities for the professionals! More people can make life as music professionals!

This must contribute to enrich the music culture even more! 🙂

I believe Music is open for everyone, whatever the skill is, whatever the quality of instrument is, even if you don’t own any instrument yet.

I wish people wouldn’t give up on enjoying brass music 🙂

Thank you very much for reading my message till here!!

Wish you a happy music life! 🙂

Miho

趣味でユーフォニアム、トロンボーン、時々テナーホーンを吹いている、金管楽器が大好きなアマチュア奏者です。

(海外で働く事の多い仕事柄、時々通訳事務などでインターナショナルなレッスンやイベントをお手伝いさせて頂いてます)

 

私自身もそうだったのですが「才能がないから」「上手くないから」という理由で楽器を諦めてしまう人が少なくないように感じます。

(私は自信を失い楽器が嫌になってしまってから再び吹くようになるまで約7年かかりました)

 

今こうして再び楽器を楽しめるようになって思うのは、もっと多くの人が気軽に楽器演奏を楽しめるようになって欲しいなという事です。音楽は本当に素晴らしいので!

なので、私の心から楽しくユーフォニアムなどを演奏する姿を通じて、1人でも多くの人に「また楽器やってみようかな」「プロみたいに上手くなくても楽しんでいいのだ」と背中を押せればと思います。

 

きっと、もっと多くの人が楽器演奏を続ければ、より多くの人が楽器、コンサート、レッスンに興味を持つでしょうし、それはプロの方たちへのお仕事が増える事に繋がり、よってより多くの人が職業音楽家として生きていける事になると思います。

プロを含めた楽器演奏人口が増えれば、楽器/音楽文化もより一層豊かになると思います!

 

音楽は、演奏技術や楽器の質などに関わらず、誰に対しても平等に開かれているものだと信じております。

ぜひ皆さん楽器演奏を諦めないでもらえたらな、と思います。

 

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

素敵な音楽ライフを!

Miho